AV-27 ハワード K18YGケース 懐中時計

クリックで画像を表示
クリックで画像を表示
クリックで画像を表示

クリックで画像を表示
クリックで画像を表示
年代:1910年代(1912年~1915年頃)
OH済み
アメリカを代表する時計メーカー「ハワード」の懐中時計です。
ハワードは懐中時計から時計台の大型の時計までを製造していた技術力のあるメーカーになり
北海道の札幌市時計台の時計はハワードが製造したものになります。

当時計は比較的薄型の懐中時計になります。
搭載されるムーブメントは3ポジションセッティングの17石ムーブメント、
仕上げはコート・ド・ジュネーブ仕上げが施されています。
リューズ引きの時刻合わせになります。

ケースはK18YGとなり、ヒンジを介しての一体式となります。
裏蓋内側には「浪速銀行合併記念」と刻印があります。
大正7年に「馬関商業銀行」との合併時の記念品だと思われます。

文字板はポーセリンになり、非常に変わった可愛らし丸みを帯びた字体のインデックスになります。

また、特徴的な針は「フルール・ド・リス針」になり、アイリス(アヤメ)をかたどった形の針になります。

シンプルな時計ですが針やインデックスが非常に特徴的な時計になります。


機械/  手巻き  17石  5振動
Cal.モデル1907

ムーブシリアル/1257380   ケースシリアル/174795   ケースRef/-

ケース素材/K18YG (約15g)

サイズ:約46.5mm(竜頭含まず)   竜頭:約8.5mm    厚さ:約10.5mm

補足
OH済み。(非防水)精度ランク:B
文字板/オリジナル (オリジナル)    竜頭/オリジナル 

DU・12U・3U・9U(+)、6U(-)姿勢差は約15s/d
DU(+)/12U(-)の姿勢差ほぼ無し

裏蓋内側に「浪速銀行合併記念」とあり
大正7年に「馬関商業銀行」との合併時の記念品だと思われます。
  • 価格:198,000円

  • 在庫数 : 1
  • 注文数:

カートの中身

カートに商品は入っていません

商品検索

リンク