AI-110 Borel&Courvoisier 懐中時計 シルバーケース

クリックで画像を表示
クリックで画像を表示
クリックで画像を表示

クリックで画像を表示
クリックで画像を表示
クリックで画像を表示

年代:1870年代
OH済み
「Borel&Courvoisier」は、スイスのヌーシャテル(Neuchâtel )にてJules Alphonse Borel
と彼の義理の弟であるPaul Courvoisierが1850年代に設立した会社です。

1866年にはヌーシャテル天文台コンクールにて優勝しています。

Paul Courvoisierの死後、1894年に社名が「Borel-Courvoisier」に、1898年には「Borel
Fils&Cie」となり、さらに現在のErnest Borel&Cieへと受け継がれています。

当時計は「Borel&Courvoisier」銘になります。

綺麗なムーブメントは大型のルビーが使われたシャトン留め、大型のテンプはチラネジ付きバイメタル切りテンプになります。

文字板はポーセリン、ブルースチール仕上げがされたブレゲ針、インデックスはローマ数字となります。

ケースは0.800シルバー製、裏ブタの魚子模様は摩耗も少なくしっかりとしています。

時刻合わせは剣引き式(レバーセット)となり、ベゼルを開け操作します。

19世紀後半の懐中時計、おすすめです。


機械/  手巻き  17石  5振動
Cal.-

ムーブシリアル/70536   ケースシリアル/ -  ケースRef/ -
ケース素材/0.800シルバー

サイズ:約53.5mm(竜頭含まず)   竜頭:約14mm    厚さ:約17.5mm

補足
OH済み。(非防水)精度ランク:C

文字板/オリジナル (ポーセリン)         竜頭/オリジナル 
DU(+)、6U(-)姿勢差は約30s/d
DU(+)/12U(-)、約12s/d

時刻合わせ、レバーセット(剣引き)
ケースには18rubis(18石)とありますが、17石に仕様変更されています。
  • 価格:198,000円

  • 在庫数 : 1
  • 注文数:

この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています

カートの中身

カートに商品は入っていません

商品検索

リンク