AR-103 BRUHL BROS&Co 商館時計

クリックで画像を表示
クリックで画像を表示
クリックで画像を表示

クリックで画像を表示
クリックで画像を表示
クリックで画像を表示

年代:1880年~1890年頃
「BRUHL BROS&Co」の商館時計になります。

商館時計とは、明治時代の日本の貿易は商館とよばれる外国人商社に独占されていました。

これらの商館が懐中時計を注文、スイスの時計工房が作成し、商館のマークと名前を入れて販売していました。

このような懐中時計を「商館時計」と言い、当時、輸入された懐中時計の大部分を占め、商館時計は明治期を代表する時計です。

商館時計は実用的な側面とステータス品としての役割もあり

、「見せるための時計」で装飾の施された飾り針や、ホコリ等の侵入を防止しながら

安全にムーブメントが見えるようにケースにガラス風防が施されているものが多くあります。

当時計のムーブメントも見せることを前提に、美しい仕上げや、大きな穴石を使い豪華なつくりになります。

性能面でも微調整のできる緩急針、ゼンマイ巻き止め機構付き香箱を備えています。



ブログにもこちらの時計のお話をUPしています。






機械/  手巻き  16石  5振動

Cal.-


ムーブシリアル/-   ケースシリアル/55404   ケースRef/-


ケース素材/0.900 シルバー


サイズ:約54mm(竜頭含まず)   竜頭:約17mm    厚さ:約17mm


補足

OH済み。(非防水)精度ランク:D


文字板/オリジナル (ポーセリン)      竜頭/オリジナル 


9U(+)、12U(-)姿勢差は約170s/d

DU(+)/3U(-)、約10s/d


時刻合わせ剣引きになります。

この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています

カテゴリー

カートの中身

カートに商品は入っていません

商品検索

リンク